“緑色”的な僕のほんのりワクワクblog

ほんのりワクワクがたくさんの毎日を♪

炭のネコ🐈‍⬛✨

つい最近、自宅の僕の部屋の机に新しい仲間が増えました^^今日の記事の冒頭にあたり、まずはその仲間を紹介します♫

f:id:wakuwakushincha:20220529200936j:image

ありのまま説明すると、で創られている招き猫の置物” 、補足としては、“左手には健康運を引き寄せる緑色のガラス玉” です😊

何で僕がこの “炭のネコ” を買ったかというと・・・

f:id:wakuwakushincha:20220529195906j:image

書かれているどの効果もすごく魅力的なのですが、今回の購入の一番の期待は、赤線を引いた「有害な電磁波を遮蔽し、磁場を安定させます」という効果でしょうか♪  なんと言っても最近の僕はちょっと電磁波を浴びすぎている気がしますので😵

今日の記事は、電磁波について僕が “信じていること” を綴りたいと思います^^

f:id:wakuwakushincha:20220529200544j:image

 

🖼絵にはなるんだけれど。

f:id:wakuwakushincha:20220529202455j:image

『東京スカイツリー』

夜はとってもキレイですよね^^

これまでの花めぐり散歩でも、このツリーを背景に入れた写真を何度か撮って、記事にもアップしてきました。

f:id:wakuwakushincha:20220529202921j:image


f:id:wakuwakushincha:20220529202950j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529202947j:image

 

僕が働くオフィスは、ちょっとばかり?覚悟を決めてその気になれば、このツリー塔まで歩いて行ける距離にあります。しかし、実際に歩いたことはまだないのですが(笑)

だからオフィス出勤の日は、朝晩いつもこのツリー塔が目に入ります。

しかし、実は、この「東京スカイツリー』のことを、僕はあまり好きではありません・・・

 

🚨2つの“事件簿”

☝️ひとつ目。

もう20年近く前になると思います。同期入社で営業職でバリバリやっていた男性がいました。当時のある日、会社の食堂でその彼とバッタリ遭遇した時にした雑談を再現します。

まず彼がいきなりささやくように話し始めました。

「定期健診で心臓が引っかっちゃってさ、再検査やらなんやらで、大変な思いしたんだよ。その原因はこれしかないと確信してるんだ。」

彼は携帯電話(当時はガラケー)をスラックスの後ろポケットから取り出して、僕に見せました。

「俺、家系にも心臓病歴のある人とか全くいないし、これまでも検査で心臓が引っかかったことなんて一度もない。もう絶対これしか考えられない。」

僕はたずねました。

「どういうこと?」

彼がさらに語り始めました。

「しんちゃ、いいか、絶対に携帯電話はシャツや上着の左胸ポケットに入れるなよ。俺、いつもずっとここに携帯を入れてたんだよ。携帯が電波を受信した際に心臓にも悪影響を来たしていたとしか考えられない。」

その話を聞いて以降、僕は携帯電話を左胸ポケットに入れている知人がいた時には、「そこに入れるのはやめておいた方が無難らしいよ」と伝えるようにしています。

 

f:id:wakuwakushincha:20220529210815j:image

 

✌️ふたつ目。

会社の情報システム部門に、入社以来システム畑一筋で30年以上勤務していた女性の先輩がいました。

僕はその方とは直接仕事を一緒にしたことはなかったのですが、「とても仕事熱心でいつも夜遅くまで働いている、とても真面目で親切な人」として社内では割と有名な方でした。

あれは東京スカイツリーができてから2年後ぐらいだったような気がします。

ある日の社内の電子掲示の訃報に、その方ご本人のお名前が。

そばにいた同僚に、「えっ!○○さん、亡くなられてるよ!」と投げかけると、その同僚は、「うん、もう半年ぐらい前からずっとお休みされていたらしいよ。急性白血病だって。。」と。

僕はその話を聞いた時こう思ったのです。

「入社以来ずっとパソコンや情報機器を前にしてのお仕事。何十年も朝から晩までそれらからの電磁波を常態的に浴び続けていたこと、そして最近のスカイツリーからの電磁波がきっと関係してる。」

科学的にその正しさを示すことはできませんけど、僕は今でもそう信じています。

 

f:id:wakuwakushincha:20220529220501j:image

 

📿僕の電磁波対策。

これまた2つあります。一つずつご紹介していきたいと思います。

☝️ひとつ目。

古い話ばかりで恐縮ですが、これも15年以上前の話です。その頃の僕は、経営コンサルティング会社;船井総研の会長(当時)だった故船井幸雄さんが発信されていた情報からいろいろなことを学ばせてもらっていたのですが、当時、船井さんが年1回開催されていた『船井オープンワールド』という、本物技術・本物商品を紹介するイベントに一度だけ参加したことがありました。

その日の船井さんの講演の中であらためて実演付きでの紹介があったのが『腕振り体操』。もともとは「健康に良い」ということで船井さんの著作等でも紹介されていたものだったのですが、その日の講演でお話しされていた初耳の話は、「ちょっとこれは書籍には書けないのだが、実は電磁波対策の効果もある」というものでした。

船井さんご本人がこの体操を実演されている動画はさすがに見つかりませんでしたが、船井さんからやり方を伝承?された方のYouTube動画を見つけましたので、お借りしてこの「腕振り体操」をご紹介します^^

youtu.be

この「腕振り体操」「中国健康体操のスワイショウ」とはずっと同じものだと思っていましたが、今回、上掲の動画を観て、腕に力を入れる・入れないの違いがあることを知りました。

僕は腕振り体操が「電磁波対策に効果あり」と聞いて以来ずっと、毎朝5分間、この体操をやってきていました。それが今年に入り、全く気持ちに余裕がない苦境に陥ったことで、自分でも気づかないうちに “いつの間にか” 長年のその習慣をやめてしまっていたのです。

それに気づかせてくれたのは、いつも僕に “光” を送ってくださるぴーちゃん (id:gracedusoleil2525)さんです☺️

「目の酷使にはスワイショウがおすすめ」とコメントをくださり、「あっ、そう言えば最近ずっと腕振ってないじゃん🫢」と気づけたことで、今ではまた毎朝5分のルーティンが再開できています🍀

 

f:id:wakuwakushincha:20220531211910j:image

 

✌️ふたつ目。

まずはこの写真をご覧下さい。

f:id:wakuwakushincha:20220531225433j:image

同じものをスマホにも貼っていますが、スマホがひとつしかないので自力で写真が撮れません(笑)

さらに形状は異なりますが、上掲と同じ“機能”の製品を、我が家の主要な電化製品に貼り付けています。


f:id:wakuwakushincha:20220530200632j:image

f:id:wakuwakushincha:20220530200629j:image

f:id:wakuwakushincha:20220530200626j:image

ちなみに一番左は、キッチンにある電子レンジに貼ってあるものです。こんなにボロボロになっていたことに今回初めて気づきました。

 

さてこの製品は何者なのか?

 

上記のショップサイトに記載されている製品説明を引用します。

f:id:wakuwakushincha:20220530211149j:image

今、気づきました。『炭素鋼』って書いてあります。炭の力と少し関係もあるのかな・・・🤔

 

この製品を購入して使い始めてから、もう15年は経っていると思います。おそらく腕振り体操を始めたのと同じ頃ではないでしょうか。

当時、ネットで手軽な電磁波対策グッズをいろいろ探した結果、この製品が一番印象に残り、「少なくとも何もしないよりはいいだろう」という気持ちで飛びついたような気がします。

この製品が実際に効果があるのかどうかはわかりません。効果実感はないので。。

しかし、もう15年以上も使用している製品なので、僕にとってはもはや、 存在を意識せずにいつもそばにある “お守り” みたいな感じです^^

 

f:id:wakuwakushincha:20220531211453j:image

 

✨そして炭の・・・

ネコが僕の部屋にやって来たのでした😊

f:id:wakuwakushincha:20220530215453j:image

僕は  “炭の魔法✨”の力を信じていますので😉、対電磁波ということに限らず、そもそも彼(彼女?)が僕の部屋にいること自体でなんだか安心を感じます♪

実は、このネコ、健康運以外にも密かに招いてくれていたものがあったみたいで(笑)

 

f:id:wakuwakushincha:20220530220322j:image

 

うわー仲間が増えた❤️

 

f:id:wakuwakushincha:20220530220233j:image

 

「やっぱりイヌ可愛い😍」とか思うんですけど、、ここは独り占めせず、もちろんネコと交換したりもせず(笑)、愛する家族のいずれかの部屋にお裾分けすることにします(╹◡╹)

 

「炭の浄化力って、緑に囲まれて流れる水のイメージと似てるな♪ 」って思ったら、滝とか湧き水のあるところに散歩に行きたくなっている自分がいることに気づきました☺️

 

f:id:wakuwakushincha:20220530224545j:image

 

あこがれの日曜日🍓✨🌿

今日の東京は夏の体感の日曜日☀️

もともと記事を書こうと思っていたテーマがあるのですが、本日はあまり文字を書くパワーがないため^^;、非言語中心の記事を投稿したいと思います♫

f:id:wakuwakushincha:20220529104519j:image

 

“あこがれの日曜日” の感覚。

僕の大学入学のタイミングで発売された、フュージョンバンド「カシオペア」のアルバムに収録されている『Fruit Salad Sunday』という曲があるのですが、この曲で感じられる、爽快で少しワクワクするような感覚が、僕にとってのそれです✨

YouTubeにこの曲の動画をアップされている方がいらっしゃったのでお借りしてご紹介させていただきます♫

youtu.be

僕は朝食は食べないライフスタイルですが、フルーツサラダの朝食が似合うさわやかな晴天の日曜日、って素敵だよなぁ、って思います☺️

f:id:wakuwakushincha:20220529110011j:image

 

花をめぐる散歩を2週間ほどしておりません😅

幸いまだブログにアップしていない花の写真があるので、本日はその写真を何枚かアップさせていただいて、ブレイクタイム気分のままで記事をクローズさせていただこうかと思います^^

ご協力いただくのはこちらの企画展さんと無料写真素材サイトさんです♪

f:id:wakuwakushincha:20220529111832j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529110713j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529112205j:image
f:id:wakuwakushincha:20220529112202j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529112247j:image
f:id:wakuwakushincha:20220529112244j:image
f:id:wakuwakushincha:20220529112241j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529112310j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529112503j:image
f:id:wakuwakushincha:20220529112508j:image
f:id:wakuwakushincha:20220529115216j:image
f:id:wakuwakushincha:20220529114851j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529115252j:image

f:id:wakuwakushincha:20220529114056j:image

「ウルトラマン」で考える僕らの未来。

前回書いた春バラの記事で完全燃焼した直後のせいでしょう、“その日” は雨も上がって晴れ間も出た天候でしたが、いつものように散歩に繰り出そうとは思わず、「そうだ、今日は映画を観に行こう♪」という思いが湧いてきて。

はい、観に行って参りました、『シン・ウルトラマン』。『一昨年の本屋大賞受賞の映画』とどちらにするか迷ったのですが、西島さんと長澤さん、そして “愛と光” に吸い寄せられたのかもしれません(笑)

ということで、今日の記事は、映画『シン・ウルトラマン』を観て、“僕が考えたこと” について綴ろうと思います😊

f:id:wakuwakushincha:20220525165506j:image

🎬映画のご紹介。

今日の記事では、映画の内容自体に直接触れるつもりはありません。とはいえ、いきなり “僕が考えたこと” を書き始めるのではあまりに“彩り”が欠けているので、ここは公式サイトさんに100%お世話になろうと思います♪

shin-ultraman.jp

まずは上掲のサイトにある「イントロダクション」を引用させていただきます。

INTRODUCTION
空想と浪漫。そして、友情。
日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”
を新たに『シン・ウルトラマン』として映画化!
企画・脚本・総監修に、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。
そして、監督は数々の傑作を庵野氏と共に世に送り出してきた樋口真嗣。
この製作陣の元に超豪華な俳優陣が集結。
主人公の【ウルトラマンになる男】に斎藤工。
その他、長澤まさみ、西島秀俊、
有岡大貴、早見あかり、田中哲司ら
演技派・個性派キャストが総出演。
「ウルトラマン」の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に、未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く、感動と興奮のエンターテインメント大作。

予告編の動画はこちらの公式サイトです👌

youtu.be

 

🌏広大な宇宙の中の地球。

今回の映画を観る以前から、僕は次のことを、“空気は見えないけど100%存在している” のと同じような当たり前の感覚で信じています。

それは、「広大な宇宙には、地球以外にも生命が存在する星はたくさんあるはず」ということ。

もし、この宇宙の中心に地球があって宇宙が地球を起点に動いていたりするのなら、この宇宙で唯一地球にのみ生命が存在する、なんてこともあるのかも、って思いますが、広大な宇宙の中の1つの惑星でしかない地球なのに、この惑星にしか生命が存在しないなんてことは、なんか思い上がりの極みの笑い話みたいな気がして「そりゃあり得ないだろう」って感じがします。

さらにはこうも思います。

生命が存在する星のいくつかでは、地球人類がまだ発明できていない高度な科学技術をすでに当たり前のように使っていることだって十分ありえるでしょう。

地球の科学がこれからも進化するという未来があることを是とするなら、今の地球の科学よりはるかに先を行っている文明があったって全くおかしくなどないですよね🤔

f:id:wakuwakushincha:20220523075633j:image

 

🛸外星人はなぜ侵略に来ない?

宇宙人や異星人ではなく「外星人」。この呼び方は今回観た映画の中で使われていたものなので、今日の記事で使わせてもらおうと思います^^

今回、映画を観ながら湧いてきた思いがいくつかあります。まずはそのひとつを。

以下は僕の自問自答です。

「高度な科学技術を持つ外星人は、その気になればきっと、地球侵略を企てそれをあっという間に実現することだって可能な力を持っているはずなのに、なぜそれをやらないのか?」

f:id:wakuwakushincha:20220525125858j:image

「地球に魅力がないから?」

「いやいや、青と緑の惑星・地球🌏自体にはきっと十分に魅力はあるはず。」

「この地球が本当に欲しいと思えば、全人類(ホモ・サピエンス)を壊滅、あるいは服従させた上で手に入れることなど、彼らにとってはすごく容易いことなんじゃないだろうか🤔」

「なのにそれをやらないことに、理由があるとしたら・・・」

利己(私利私欲)を追求することを幸せとは思わないハートを持っているから、かもしれない。」

高度な科学技術を、利己の追求のためではなく利他の追求、あるいは自分を含むみんなの幸せのために使用することを幸せと感じるハートを持っているから、地球を侵略して自分のものにしてしまおうなどという欲求(発想)は起きないのかもしれないって、僕はそんな風に思います。

一方、地球に生きる、僕ら人間はどうだろう。

もし、今の地球上の社会で同じような高度な科学技術が発明されたらどうなるだろう?

きっとそれは、国家、組織、あるいは特定の大企業の利己の追求のために役立てることを最大化するために、まずは機密情報として扱われながら、あるいは権利の独占を確保された上で活用されていくのだろうなっていう気がします。

そしてその科学技術の権利をめぐって、きっとしまいには争いが起こる・・・。残念だけど、最近世の中で起きている出来事を見ていても、これが今の地球社会の “実力” であるように感じられてしまいます。

今のままの利己的な僕ら人類なんだったら、そんな高度な科学技術など発見されない方がよっぽど安心・安全で幸せなのかもしれない、とすら思えてしまうのです。。(><)

f:id:wakuwakushincha:20220525125609j:image

 

👽“未知との遭遇”を思う。

近年、外星人(宇宙人)っていうと、下掲の絵の一番左側の感じの外観をした生命体がよく紹介されているような気がします。

f:id:wakuwakushincha:20220523234441j:image

ちょっとウルトラマンに似てなくもない^^;

こんな風に、人間の形に近ければ、「○○人」として、まだ僕らの許容範囲にあるのかもしれません。

しかし、その外星人が、僕らの姿形とは全く違う存在だったとしたら・・・。

f:id:wakuwakushincha:20220523235323j:image


f:id:wakuwakushincha:20220523235454j:image

f:id:wakuwakushincha:20220523235458j:image

 

僕らは、ほぼ同じ容姿をした人間同士ですら、考え方や価値観の違い等が理由で、不安を感じたり悩んだり争ったりします。こんな僕らは、自分達と容姿が全く違う存在と遭遇した時に、果たしてネガティブ感情なしに受け入れることができるのでしょうか。。。

でも、、こんな風にも思います。

僕らは子供の頃から今に至るまで、アニメやSF・ファンタジー映画で、人間とは全く異なる容姿の存在がふつうに言葉を発して様々な活躍をする姿を、何の違和感もなく受け入れて、楽しんだり、ほんのりしたり、感動をもらったりしてきています。

言うなれば、“免疫” はあるのです。

そこからすると、鍵を握るのは “マインドセット”「心構え」だけの問題だったりするのかもしれません。まずは “先入観や思い込みを手放す” 勇気、でしょうか。

きっといつの日かやってくる “未知との遭遇”

これはSF映画にあるような“エイリアン地球侵略”としてではなく、僕ら人類が高度な科学技術を、平和的に “みんなのために” 使えるハートを持ち、見た目の違いに惑わされず本質を見ながら多様性を尊重するコミュニケーションが取れる能力を “もうひとがんばり” して上げることができれば、もしかしたら意外に早く “友好的な関係” を前提として実現したりするのかもしれないな、って気が、僕にはしています♪

f:id:wakuwakushincha:20220524121051j:image

 

🎁“はざま”にあるもの。

今日の記事では、「映画の内容には触れません」と宣言しましたが、ネタバレにもならないシーンをひとつだけピックアップして、そこから僕が感じたことを書かせていただこうと思います。

「あなたは外星人なの?それとも人間なの?」

「両方だ。あえてはざま(狭間)にいるからこそ見えることもある。

赤字の方が、長澤まさみさん演じる「ふつうの人間役」が発した質問、青字の方が、斎藤工さん演じる「ウルトラマンが人間の姿の時の役」が発した返答です。

なんか心にスッと入ってきたメッセージなので、自分の中で反芻してみる。

「両方であるとは“はざま”にいる状態」

「“はざま”にいるとは両方である状態」

「“はざま”にいると新たに見えてくることがある」

f:id:wakuwakushincha:20220524224756j:image

「外星人と人間」の両方という話は、僕の中で、「ポジティブとネガティブ」の両方、という視点に変換されました。

「私はポジティブとネガティブの両方である、ってどんな状態だろう?」

両方である、とは、全部をもって自分である、つまりひとつである、ということでしょうか。

対人関係で考えてみます。

自分が信じること、好きなことに相手がマッチしている状態=ポジティブ、だとするなら、自分の信じること、好きなことと相異なる言動をする相手に対して不快や嫌悪を感じている状態=ネガティブ、でしょうか。

この場合の「両方である」とは・・感じているネガティブの原因となった相手の言動に対して、例えば「でも、自分だってそういうところ、絶対ないとは言えないよな。気づかずにやっちゃってることもあるのかも。」って感じで、自分と相手に境界線を引かずに一旦受容することで実現する “心の状態” だったりするのかな🤔

そして「両方である」心の状態になれた時、それは “はざま” にいることとなり、その “はざま”  “幸せになるために役立つ宝の知恵” が用意されている、のかもしれない。

f:id:wakuwakushincha:20220524212631j:image

 

以上で今回の記事は終わりです♫

「ウルトラマンは一体どこにいたの?」って感じの、想定通りの展開になりました(笑)

あらためて僕が思うことは、まず、「“緑色” 的な自分を追求して行きたい、という僕の方向性は、新しい時代へ備える上で、少なくともズレてることはなさそうな気がする☺️」ということです。

そしてもうひとつですが、「両方でいることによって “はざま” にあるお宝にコンタクトできる、かもしれない」というスキルについては、「日常の生活でちょっと意識して試してみようかな」って思います♪

 

僕ら地球人が外星人とコンタクトできる頃には、僕らの地球は、今年に入ってから僕のブログ記事に再三登場いただいている、藤城清治さんの影絵;『生きるよろこび』の世界に、もしかしたら数歩ぐらいは近づいているのかもしれませんね♫

f:id:wakuwakushincha:20220525124921j:image

“緑色”的な僕と春バラ🌹2022

前回の記事から早1週間。今日の東京はあいにくの雨☂️だし、「春バラの記事、そろそろ書こうかな」って気持ちになったので、勇気を出して(笑)スマホを手に取りました(╹◡╹)

今年の僕の春バラ巡りは、これから書く記事の舞台;『都立神代植物公園』での1回のみです。もうこの1回で十分に満足できたので、今回は僕にとっては春バラの即見納め。

“素人スマホカメラマンしんちゃ” の撮影技術の至らなさを春バラの生命力あふれる “素材の魅力” がカバーしてくれたおかげで、僕的にはほんのりワクワクな写真がたくさん撮れました♫  今日の記事は、これまでで最も多い写真数になること必至なのでもう数えるのもやめますが(笑)、いつもにも増して気楽にスルスルスルっとお読みいただけると幸いです✨

f:id:wakuwakushincha:20220521131836j:image

※上掲は「ショートケーキ」という名前のバラです♪

🎬本日の舞台

冒頭に書いた通り『都立神代植物公園』です。

f:id:wakuwakushincha:20220521134117j:image 

かつてこの公園の印象は、週末に車で来るといつも渋滞でなかなか入れないところ、でした^^;    でも花めぐり散歩に1人で来るようになってからはバスを使うようになってそんなイメージも薄れ、その一方で、花好きになった今の心で見渡すととても魅力的な公園。自称ホームグラウンドの『国営昭和記念公園』と並んで、最近では足を運ぶことが増えたお気に入りの公園になっています♫

公園の周辺には、「深大寺そば」を訴求するお蕎麦屋さんがたくさんあります。確かに美味しいのですが、「観光地料金かなぁ・・」って、実は昔から思ってます^^;

f:id:wakuwakushincha:20220521134535j:image

さてこの日の公園訪問は、こちらの“春バラフェスタ”が目的です♪

f:id:wakuwakushincha:20220521134134j:image

下掲の写真はフェスタ会場です。こうして見ると、それほどの規模に見えないですが、バラの種類がすごく多くて、気づけばこの会場に歩きっぱなしで4時間ぐらいいました。根気強い自分をちょっとだけ自分で褒めてやりたくなりました(笑)

f:id:wakuwakushincha:20220521134154j:image

 

🎺オープニング!

ローズガーデンらしさを写真だけでお伝えする試み♪

f:id:wakuwakushincha:20220521140502j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521140559j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521140650j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521140652j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521140858j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521141029j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521141131j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521141200j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521141158j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521141228j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521141231j:image


✨春バラはゴージャス!

昨年、秋バラの記事を書いた時に、春バラはより大きく華麗に咲くのだと知り、当時から「一体どれぐらい違うんだろう?」ってちょっと楽しみにしていました♪

今回、春バラ園で春バラが咲く光景を見た第一印象は、「確かに大ぶりかも🫢」でした。

f:id:wakuwakushincha:20220521142854j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521142302j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521142305j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521144959j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521145002j:image

 

この公園のシンボル『クイーン・オブ・神代』というバラで比較してみたいと思います。

まず昨年の秋バラ。


f:id:wakuwakushincha:20220521143334j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521143337j:image

そしては今回の春バラ。


f:id:wakuwakushincha:20220521143510j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521143508j:image

よくわかりませんね🙇🏻‍♂️

でも今回の春バラの方が元気そうに見えました♫

 

🌈多様な彩りまつり♫

さてここからは、僕の個性のフィルターを通した、 “彩り三昧” の世界を共有させて下さい😉

まずは種(色)ごとに1枚完結の写真を組み合わせてアップします。

f:id:wakuwakushincha:20220521152816j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521153319j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521153322j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521153448j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521153451j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521153752j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521153921j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521153924j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521154448j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521154450j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521155052j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521155343j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521155340j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521160101j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521160106j:image

 


ここで1回目の(笑)ブレイクタイムを♪

f:id:wakuwakushincha:20220521161536j:image

こちらのバラ。

f:id:wakuwakushincha:20220521161741j:image

『イングリッド・バーグマン』という名のこのバラが、こんなに何輪も咲いているのを見たのは初めてでした♪


f:id:wakuwakushincha:20220521161913j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521161916j:image

イングリッド・バーグマンさんを初めて知ったのは、おそらくは映画「誰がために鐘は鳴る」。その後に映画「カサブランカ」だったと思います。「すごく素敵な外国の女性だなぁ」って印象でした☺️

映画「カサブランカ」で流れる『As Time Goes By』が僕の中でのイングリッド・バーグマンさんのイメージです^^

とっても素敵な動画を創られてYouTubeにアップされているユーチューバーさんがいらっしゃったので、その動画をご紹介させて下さい♪

youtu.be

 

 

では “多様な彩りまつり”、再開します♫

f:id:wakuwakushincha:20220521163817j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521164117j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164120j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164411j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164407j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164538j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521164654j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164651j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164856j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521164854j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521165007j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521165206j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521165204j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521165451j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521165449j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521165615j:image
f:id:wakuwakushincha:20220521165801j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521165841j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521170041j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521170038j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521170334j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521170331j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521170700j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521171402j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521171404j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521171523j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521170922j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521170945j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521170943j:image

 

 

では、ここで2回目のブレイクタイムです♪

f:id:wakuwakushincha:20220521172332j:image

こちらのバラ。

f:id:wakuwakushincha:20220521172556j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521172655j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521172658j:image

このバラは・・・

f:id:wakuwakushincha:20220521172806j:image

上皇后 美智子さまのバラです^^

バラ園に行くと必ず出会うバラですが、こちらのバラもこんな満開で出会えたのは初めてでした♪

f:id:wakuwakushincha:20220521172658j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521173149j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521173146j:image

上皇后 美智子さまの誕生からご結婚までを写真で振り返った時事通信の記事を見つけたのでご紹介します☺️

www.jiji.com

 

では、“おまつり”のラストスパート、行かせていただきます! 1枚の写真の中での多様な彩りを集めてみました♫

f:id:wakuwakushincha:20220521182504j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521182555j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521182649j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521182759j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521183009j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521183006j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521183349j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521183351j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521183515j:image


f:id:wakuwakushincha:20220521183713j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521183710j:image


🎺まつりのフィナーレ🎉

記事を書いているうちに “まつり” の名称が固まりましたが(笑)、春バラ・多様な彩りまつり2022byしんちゃをここまでご覧くださりありがとうございました🙇🏻‍♂️

最後に、今回のまつり散歩で出会ったバラの中で、最も見入ってしまったバラをご紹介して、今年のおまつりのフィナーレとしたいと思います。

そのバラはこちらです♫

f:id:wakuwakushincha:20220521192806j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521192824j:image

このバラの名前は・・・

f:id:wakuwakushincha:20220521184638j:image

もう理屈を超えて、「なんか素敵なバラだなぁ」って感じ、何枚も撮影してしまいました☺️


f:id:wakuwakushincha:20220521184927j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521184924j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521185029j:image

f:id:wakuwakushincha:20220521185217j:image

 


初めての春バラ鑑賞散歩、あまりに種類が多くて最初の方では途方に暮れかけましたが(笑)、開き直ってからは!?やっぱりほんのりワクワクでした♫

 

コアラの独白!

今週のお題「ホーム画面」

久しぶりに「今週のお題」を確認してみたら、「ホーム画面」とある。「そういえばへんげさんもこのお題で記事を書かれてたなぁ」(へんげさん、突然お名前出してすいません^^;)とも思い出し、「僕もほんのちょこっとだけそのお題で記事を書いて投稿しようかな」って思いました。

 

f:id:wakuwakushincha:20220514221859j:image

 

さて、僕のスマホのホーム画面。

トップ画面はこちらです。

f:id:wakuwakushincha:20220514213933p:image

割と使うものを揃えただけで、なんの工夫もありません。

僕のスマホのホーム画面に“工夫”があるとしたら、それは左に2回スクロールした3画面目にあります。

こちらがその3画面目。

f:id:wakuwakushincha:20220514214242j:image

使用したことがないアプリ置き場、でしょうか。1つのアプリを除いて。

そのアプリがこの3ページ目の画面にあることこそが、僕の“工夫”です。

 

そのアプリとは・・・

f:id:wakuwakushincha:20220514214621j:image

はい、「はてなブログ」アプリなんです😳

 

僕はオンタイムの仕事時間の大半をノートパソコンと向き合っています。なので仕事が終われば、もうパソコンとさよならしたい。

f:id:wakuwakushincha:20220514220535j:image

オフタイムの楽しみであるブログの記事作成は、パソコンは開かずにスマホで100%やっています。

なので、他のブロガーさんの記事を読む時もスマホです。スターをつけるのもコメントを書くのも、ぜーんぶスマホ。

これによりオフタイムにパソコンを立ち上げずに済むし、往復約2時間の通勤電車の時間も記事を書くことが出来て効率はいいのだけれど。。。

問題は、、、常にスマホが気になってしょうがなくなっていることです(><)

正確に言うと、半分無意識に何かとすぐスマホを手にしてしまう自分がいて、これは「中毒予備軍になってるぞ😵」と危機感を感じるわけです。

f:id:wakuwakushincha:20220514221636j:image

そのための対策として講じたのが、前述の「はてなブログアプリの3ページ目配置」です。これに加えて、はてなブログアプリを「ログアウト」しておくこともよくやります。

さて、この対策の効果は上がっているのか?ですね。

タイトルで「独白」と言いながらも、“自ら”が独白しているイラスト素材がないもので(笑)、ここからは“友達のコアラ君”たちに手伝ってもらいます!

 

さぁ発表してください!

 

 

 

 

 

f:id:wakuwakushincha:20220514220222j:image

 

全くと言っていいぐらい効果は出ていません(><)

3ページ目にあるのがわかってるので、何の苦もなくスクロールするだけ。再ログインもあっという間にできてしまうので、再ログインする時間がむしろ無駄な時間になってるだけ。。。

こういう状態を一言で言うと、

f:id:wakuwakushincha:20220514220646j:image

ですね😵

中毒になりやすい気質の自分を再確認しております。。

 

大半のブロガーさんは、ブログの運営ではパソコンを使用されているのでしょうから、きっと、パソコンの電源をオフにすること、スマホにアプリを入れないこと、などでうまくバランスをとられているのだろうなぁって思いますが、、

僕の場合は、スマホの「はてなブログアプリ」はやはり必須、なので、何か自分固有の工夫をして、今ここにちゃんと生きながらブログライフも楽しめるようにしていかなくちゃいけないんだよなぁ、って、この記事を書きながら改めて思いました。

もしもいいやり方をお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひ教えていただけると有り難いです🙇🏻‍♂️


f:id:wakuwakushincha:20220515083843j:image

f:id:wakuwakushincha:20220515083846j:image

 

次回は春バラの記事を書きます🌹✨

少年時代の希望👦🏻✨

つい最近、今日の記事のタイトルの言葉を花言葉の1つとして持つ花があることを知りました。

こちらの花、何という名前の花かお分かりになりますか☺️

f:id:wakuwakushincha:20220509212055j:image

これは『サクラソウ(桜草)』です♪ 

サクラソウには西洋サクラソウ(プリムラ)と日本サクラソウがあるとのことですが、今日の記事で登場するのは『日本サクラソウ』の方です^^


f:id:wakuwakushincha:20220509212959j:image

f:id:wakuwakushincha:20220509213002j:image


今日の記事ではなんとなく、章を立てて書く気が湧かないので、思うがまま文章を積み上げていく感じで書いていきたいと思います^^

 

サクラソウの花言葉の1つ、「少年時代の希望」。僕はこれを「子供の頃の将来の夢」と捉えました。

 

僕が子供の頃、大きくなったらなりたかったもの。

f:id:wakuwakushincha:20220509214011j:image

それは・・・・

f:id:wakuwakushincha:20220509213750j:image

“博士” です。

 

なんの博士かって言うと、

 


f:id:wakuwakushincha:20220509214039j:image

f:id:wakuwakushincha:20220509214042j:image


“昆虫博士”  です☺️

僕は子供の頃、昆虫が大好きでした。幼稚園の卒園アルバムの表紙も「昆虫の楽園?」のような絵を書きました。亡き父との唯一最高のワクワクな思い出も “虫採り” です。

それは、小学校1年生の時の家族旅行で行った栃木県の塩原の夜、ホテルの駐車場に父と2人で出てみたら、電灯の光に引き寄せられてアスファルトの上をクワガタやカミキリがたくさん歩いていて、その虫たちを虫かご一杯に捕まえた体験でした✨✨


f:id:wakuwakushincha:20220510123841j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510123847j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510123844j:image

 

しかしその “夢の芽” は早々に摘まれてしまう出来事があり、それ以降ここまでの人生で、同じぐらい大きなワクワクを感じる “夢の芽” は出てきたことがないと思います。

実は今日の記事、その “夢の芽” が摘まれてしまうきっかけとなった出来事について書こうかなと思い、500字ぐらい書き進めていたのですが、書いていてちっとも楽しくない自分に気づいて削除しました^^;

もしあの頃のあのワクワクをそのまま膨らませていけていたら、僕はきっとそのワクワクを羅針盤にして、昆虫博士👨‍🎓までにはなれなかったとしても、きっと生物系の研究者🧪みたいな仕事をしていたかもしれないなって思います。

しかし実際の僕は、入試難度だけで選んだ大学の経済学部を卒業し、社会人になってからは、営業→マーケティング→人事・総務、と、あの頃のワクワクとはあまりにかけ離れたキャリアを歩んできました。

「昆虫博士が夢だったよなぁ。。。」

ここまでの企業人キャリアを一言で総括するなら「楽しかった」にはなるけれど、でもワクワクの大きさで言うと「昆虫博士になる夢を持っていた時よりは劣っているなぁ」と思います。

「あの頃のワクワクをそのままずっと持てていたらここまでの人生で一体どれほどの幸せを感じられたんだろう?」

しかし同時にこうも思います。

「もし昆虫博士を夢見るワクワクの延長でそのまま大人になっていたら、今、人生を共に歩む最愛の家族とのご縁はなかったよな・・・」

昆虫博士の夢のワクワク最愛の家族「どちらを取りますか?」ともし問われることがあるとすれば、もう考える余地など全くなしに即答で家族です。

f:id:wakuwakushincha:20220511182453j:image

だからこう思うことにします。

「あの時、昆虫博士の夢の芽が摘まれたおかげで、今の幸せがあるんだ」

だからここまではこれで良かった。

これからの人生で、昆虫博士を夢見ていた頃と同じぐらいのワクワクを探してみよう✨

f:id:wakuwakushincha:20220510205302j:image

時々登場してもらうワクワク探検坊や(青年?)。いつも彼を見ると「明るい記事書けてるなー😆」って気分になります♫

 

さて!

やっと写真をアップできます(笑)スルスルスルっとご覧いただけると幸いです^^

f:id:wakuwakushincha:20220510211226j:image 

f:id:wakuwakushincha:20220510211453j:image 

f:id:wakuwakushincha:20220510212449j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510211744j:image


f:id:wakuwakushincha:20220510211957j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510211844j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510212907j:image
f:id:wakuwakushincha:20220510212937j:image


f:id:wakuwakushincha:20220510213111j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213109j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213204j:image


f:id:wakuwakushincha:20220510213334j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213337j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213845j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213848j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213639j:image


f:id:wakuwakushincha:20220510214349j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510214405j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510213749j:image


f:id:wakuwakushincha:20220510214529j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510214526j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510214551j:image


f:id:wakuwakushincha:20220510214613j:image

f:id:wakuwakushincha:20220510214615j:image

 

「我が国は 草も桜を咲きにけり」

小林一茶の詠んだ俳句です。これはサクラソウのことを詠ったものだそうで、「日本では草といえども美しく咲く」という意味だそうです。

客観的な事実を詠った、というより、それに気づく日本人の感性を詠ったもののような気もします。

心の目を開いて今ここにしっかり生きながら日常にある大小のさまざまな美しさに気づいて、楽しみ、そして感謝できるのが日本人の心、なのかな☺️

「僕は日本人を極めたい!」(笑)

昆虫博士を夢見た時のような大きなワクワク探しも、実は現在の日々の暮らしの中、あるいはすぐそばにあって、気がつきさえできればすぐに手が届くものにその手がかりがあるのかもしれませんね^^

f:id:wakuwakushincha:20220511125747j:image

“無色”な彩り🌿〜最終日〜

本日の記事は、下掲の記事からスタートした “心を整える” の最終日。

wakuwakushincha.jp

もうすぐゴールデンウィークもおしまい、気持ちも上げていきたいので、今日の記事では彩り豊かな花に主役を飾ってもらおうと思います。

f:id:wakuwakushincha:20220504201410j:image

 

今日の主役は『シャクナゲ』です♫


f:id:wakuwakushincha:20220504210937j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504210940j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504210958j:image
f:id:wakuwakushincha:20220504211223j:image


f:id:wakuwakushincha:20220504211307j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504211300j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504211333j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504211337j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504211525j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504211415j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504211418j:image

 

ここでちょこっとブレイクタイム♪


f:id:wakuwakushincha:20220504212509j:image

【コラム】

シャクナゲは元々高山植物なんだそうです。「高嶺の花」と言う言葉がありますが、これはこのシャクナゲのことを指していると言われていて、高山の奥地に咲いていて手の届かない存在であるという由来だそうです。「へーそうだったんだぁ」って感じです🫢

f:id:wakuwakushincha:20220504224028j:image

 

ではラストまで一気に参ります♪

f:id:wakuwakushincha:20220504213407j:image


f:id:wakuwakushincha:20220504213420j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213423j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213441j:image


f:id:wakuwakushincha:20220504213513j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213516j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213712j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213714j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213745j:image


f:id:wakuwakushincha:20220507104021j:image

f:id:wakuwakushincha:20220507104024j:image

f:id:wakuwakushincha:20220504213919j:image
f:id:wakuwakushincha:20220504213959j:image
f:id:wakuwakushincha:20220504213953j:image
f:id:wakuwakushincha:20220504213956j:image

 

🌿心を整える〜仕上げ!

計3回にわたって取り組んで参りました『心を整える』ですが、この取り組みの最後は、この日のために用意した(笑)オリジナルのアファメーション3連発で、仕上げたいと思います!

「“緑色”って気持ちいい✨」


f:id:wakuwakushincha:20220505173623j:image

f:id:wakuwakushincha:20220505173721j:image

f:id:wakuwakushincha:20220505173833j:image

f:id:wakuwakushincha:20220505173831j:image

 

「“緑色”ってホッとする☺️」

f:id:wakuwakushincha:20220505173831j:image


f:id:wakuwakushincha:20220505174210j:image

f:id:wakuwakushincha:20220505174212j:image

 

「“緑色”っていい仕事するなぁ😃」

f:id:wakuwakushincha:20220505174627j:image


f:id:wakuwakushincha:20220507104807j:image

f:id:wakuwakushincha:20220507104810j:image

f:id:wakuwakushincha:20220505203305j:image
f:id:wakuwakushincha:20220505203229j:image

f:id:wakuwakushincha:20220507110319j:image


f:id:wakuwakushincha:20220507110403j:image

f:id:wakuwakushincha:20220507110400j:image

f:id:wakuwakushincha:20220507111809j:image


f:id:wakuwakushincha:20220507111344j:image

f:id:wakuwakushincha:20220507111340j:image

 

思いつきでやってみましたが、なんだか自己肯定感が持ち直したような気がします♫

多様性の世の中での自分の「ありたい姿」。それを事あるごとに思い出すことで、「自分の正しさを握りしめてしまう状態」に陥らないようマインドセットし直して、連休明けからまた自分磨きへの旅へ、マイペースで “船出” 🛳しようと思います(╹◡╹)

 

f:id:wakuwakushincha:20220504221203j:image