HSP気質な僕のほんのりワクワクblog

ほんのりワクワクがたくさんの毎日を♪

深まる秋に元気に咲く花たち ♪

ご訪問いただきありがとうございます^^

今日の記事は、最近の散歩道で出会った花たちのことを軽く書きたいと思います♫

 

11月の“顔”

僕の場合はこちらの花です♫

f:id:wakuwakushincha:20211121223252j:image

もう満開、なんでしょうか^^

そんな最近のサザンカの花をスルスルスルっと見ていただきたいので、写真をアップします(╹◡╹)

f:id:wakuwakushincha:20211121223728j:image

f:id:wakuwakushincha:20211121223802j:image

f:id:wakuwakushincha:20211121223831j:image

f:id:wakuwakushincha:20211121224037j:image

f:id:wakuwakushincha:20211121224112j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224114j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224118j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224109j:image

f:id:wakuwakushincha:20211121224157j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224203j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224205j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224200j:image

前回の記事でバラの写真をとことん貼りまくった後なので、サザンカの花がなんだかバラ🌹に見えてきてしまいます^^;

 

たくましさをリスペクト。

可愛い顔してるのに、「私、どこでだって生きていくわよ!」的なたくましさを感じるこの花。

f:id:wakuwakushincha:20211121224702j:image

f:id:wakuwakushincha:20211123173959j:image

『ヒメツルソバ』ってパワフルですごいと思う。

f:id:wakuwakushincha:20211121224931j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224926j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224934j:image
f:id:wakuwakushincha:20211121224928j:image

そして『ホトトギス』。彼らも半日影などモノともせず、イキイキともう2ヶ月ぐらい咲き続けています♫

f:id:wakuwakushincha:20211123134716j:image

f:id:wakuwakushincha:20211123134719j:image

 

紫色の心。

歩いていると、何やら見慣れない色合いのものに遭遇。

f:id:wakuwakushincha:20211122124306j:image

「何だろう、これ?・・・」

「花が咲いてる。。これ、植物なんだ・・」

AIアプリのハナノナ君に確認。

f:id:wakuwakushincha:20211122124713j:image

『ムラサキゴテン』→  つまり、『紫御殿』

花だけアップで見てみると・・・

f:id:wakuwakushincha:20211122124908j:image

「なんだかとっても可憐♫」

葉と花の装いのキャップがすごく大きい。

ずっと見ているうちに、子供の頃、童話で出てきた「魔女」、それも悪者役のそれを思い出しました。

ここで、すごく恐ろしい感じの魔女のイラストを貼ろうと思ったのですが、、ネガティブなレッテル貼りはムラサキゴテンがかわいそう、と思い直し、こんな感じでイメージしておこうと思います♫

f:id:wakuwakushincha:20211122125257j:image

この花の花言葉を調べてみたら、

「優しい愛情」「誠実」「変わらぬ愛」とありました。

ムラサキゴテンの別名は『パープルハート』

「紫色の心」ってポジティブなんですね♫

 
名前より大切なこと!

この時期には稀少な、しっかりした存在感!

f:id:wakuwakushincha:20211122223408j:image

f:id:wakuwakushincha:20211122223442j:image

f:id:wakuwakushincha:20211122223524j:image

しかし、この花が何なのか、僕には全く見当が付かずだったので、ハナノナ君にお願いしました。

f:id:wakuwakushincha:20211122223728j:image
f:id:wakuwakushincha:20211122223444j:image

『イエギク』。。。。菊??

菊と言えば、僕のイメージは、

こういう大ぶりなやつか、

f:id:wakuwakushincha:20211123083000j:image

小ぶりならこういうやつ、なんですが。

f:id:wakuwakushincha:20211123083049j:image 

今回出会ったものは、この小ぶりなのともちょっと違う感じです。。。

ハナノナ君は時々自信を持って間違えるので^^;、ホントに菊なのかな・・・という思いは拭えないのですが、、、

しかし、正しい名前が何かを知るってそんなに大切なことなのか。そもそも名前なんて、人間が、本人たち?の許可なく勝手につけたもの。

ここはこれ以上追求せずに、「うわー、確かな存在感で綺麗だなぁ!」と感じた最初の印象だけでOK、にしておこうと思います(╹◡╹)

 

すらっと高く気品あり✨

施設住宅の敷地の上の方で颯爽と咲くパープルの花を発見!

f:id:wakuwakushincha:20211123140628j:image

「名前なんて・・」って書きましたけど、それでもまずは「なんて名前の花なんだろう?」と気になるので^^;、やはりここはハナノナ君に確認。


f:id:wakuwakushincha:20211123140626j:image

『コウテイダリア』→  『皇帝ダリア』


f:id:wakuwakushincha:20211123140631j:image

とにかく背が高いですねー。僕の3倍ぐらいありそうな・・・。

『皇帝ダリア』の花言葉は、「乙女の真心」「乙女の純潔」だそうです。

「皇帝」の雄大なイメージとのギャップを感じますが、何でこの花言葉がつけられたんでしょう? 誰の手も届かない高くて安全なところですっかり安心している感じで咲いているイメージ、からでしょうか??

あ、思いがけずここでまた童話が頭に浮かんできました!

f:id:wakuwakushincha:20211123181524j:image

『ジャックと豆の木』は、幼少の頃、お気に入りで何度も読んだ絵本の1つです♪   が、唐突すぎるのでこの童話の話はこれ以上しません(笑)

「高いところは安全」

思い起こせば小学生の頃、学校の校庭のジャングルジムのてっぺんにいた時、確かに「ここは安全♪」ってなんとなく思ってたなぁ^^

f:id:wakuwakushincha:20211123184053j:image

 

この日の散歩のベスト1♫

どの花も素敵でしたけど、この日、最もほんのりと印象に残ったのはこちらの花でした(╹◡╹)

f:id:wakuwakushincha:20211123184610j:image

道端に咲くこの花。

接写で見るととっても可憐なんですよ♫


f:id:wakuwakushincha:20211123184613j:image

ハナノナ君に聞いたら『ガーベラ』だって言うのですが、なんか違うように思うので^^;、「小さくて可憐な秋の花」ってことにしておこうと思います^^

 

🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁

住宅街の中の小さな公園で。

f:id:wakuwakushincha:20211124082033j:image

大きな公園や庭園は、もう紅葉真っ盛りなんだろうなぁ・・・

次回の記事(時期未定)では紅葉三昧な記事が書きたいなぁ、って思いながら、今日の記事を結びます(╹◡╹)

 

秋バラからのスピリチュアルメッセージ。

ご訪問くださりありがとうございます(╹◡╹)

本日の記事は秋バラ第2弾』です♫  

初めての試み、というか一度やってみたかったことなのですが^^;、記事にアップしたいと思った花の写真を全部アップしてみようって思っています!

 

さて、まずこちらの写真なんですけど、がなんだかみたいに見えませんか^^

f:id:wakuwakushincha:20211107191554j:image

 

秋バラのこと。

気温が下がってくる時期に咲く秋のバラは、春のバラと比べると、本数も少なく一斉に咲く満開感は落ちるために「バラ一面の風景」にはならないけど、色濃く咲くので「一輪を味わう」鑑賞がオススメなんだそうです(╹◡╹)

f:id:wakuwakushincha:20211107211338j:image

 

本日の舞台のご紹介。

前々回の記事の「ダリア園」があった『神代植物公園』「ばら園」です。

f:id:wakuwakushincha:20211107191224j:image
f:id:wakuwakushincha:20211107191221j:image

この植物公園には、シンボルとなるバラがあるので、公園のご紹介代わりにご紹介いたします♫

f:id:wakuwakushincha:20211107210637j:image

深紅のバラ、ということですが、黒バラっぽい深い赤なので、秋には映えるかもしれませんね♫

f:id:wakuwakushincha:20211107210830j:image

今、ご紹介した『神代植物公園』に加え、本日の記事では、実はもう一箇所、ローズガーデンさんにご協力いただきますのでご紹介します♪

f:id:wakuwakushincha:20211112211102j:image

東京都西東京市にある『保谷町ローズガーデン』です^^
f:id:wakuwakushincha:20211112211506j:image

住宅街の中に突如現れる小さな癒しの空間、という感じでしょうか。

f:id:wakuwakushincha:20211112211105j:image

ボランティアさんのおかげで存続しているガーデン。って思うとほんのりします ♪

 

充分な “一面の風景” ♫

今春のバラをキャッチし損ねた僕には、幸い、自分の中に比較対象がないため、「これで充分素敵♫」と思える“一面の”風景に出会えました。

まずはその写真をスルスルスルっとご覧いただきたいです^^

f:id:wakuwakushincha:20211107224656j:image
f:id:wakuwakushincha:20211107224653j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107224733j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107224752j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107224847j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107224900j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107224927j:image

f:id:wakuwakushincha:20211109123848j:image

 

次は“一輪を味わう”系で♫

バラには色別の花言葉が揃っていることを知りました。ここからは、色ごとに複数ある花言葉の中で僕の気に入った花言葉をひとつだけ添えて、色別での “一輪の美を意識した” 写真をご覧いただこうと思います(╹◡╹)

バラの素材力頼みの「素人大写真展」です。

 

◼️赤いバラ

 花言葉:「あなたを愛しています」

f:id:wakuwakushincha:20211107235238j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107235332j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107235352j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107235611j:image

f:id:wakuwakushincha:20211107235757j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212122j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112232648j:image

 

◼️白いバラ

 花言葉:「心からの尊敬」

f:id:wakuwakushincha:20211108000106j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212147j:image

f:id:wakuwakushincha:20211108181646j:image 

f:id:wakuwakushincha:20211112212210j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212240j:image

 

◼️ピンクのバラ

 花言葉:「温かな心」

f:id:wakuwakushincha:20211108182133j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182143j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182135j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182138j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182140j:image

f:id:wakuwakushincha:20211108184903j:image

f:id:wakuwakushincha:20211109125121j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212336j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112232330j:image

 

◼️黄色のバラ

 花言葉:「平和」 

f:id:wakuwakushincha:20211108182421j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182417j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182424j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108182419j:image

f:id:wakuwakushincha:20211108182646j:image

f:id:wakuwakushincha:20211108185701j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212441j:image

 

◼️オレンジ色のバラ

じっと見ているうちに一体何色なんだかよくわからなくなってしまったので、、「僕にはオレンジ色も入っているように見えるバラ」ということでお許しください^^;

 花言葉:「信頼」

f:id:wakuwakushincha:20211109123702j:image

f:id:wakuwakushincha:20211109123934j:image

f:id:wakuwakushincha:20211108183341j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108183343j:image

f:id:wakuwakushincha:20211108183607j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212506j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112212544j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112232415j:image

 

◼️青色のバラ

 花言葉:「夢叶う」

f:id:wakuwakushincha:20211108184130j:image
f:id:wakuwakushincha:20211108184127j:image

f:id:wakuwakushincha:20211112224538j:image

 

◼️紫色のバラ

 花言葉:「気品」

f:id:wakuwakushincha:20211112212702j:image

 

数字の意味。

アップしたバラの写真の枚数を数えてみました。

なんと・・・『51枚』

『51』でまず思い浮かぶのは、かつてのイチロー選手がつけていた背番号。それにあやかってでしょう、日本のプロ野球でもこの51を背負っている選手はよく目にする気がします。

「現実とは自分のものの捉え方で自分が創造している」という前提で行くと、自分が創造しているその現実の中に登場する “気になる数字” も無意識のうちに自分が現したものなので、その数字には、“自分の潜在意識からの大切なメッセージが隠されている”ととらえる見方があるんだそうです。

この数字のことを、スピリチュアルの世界では、幸せを呼ぶ天使からのメッセージ「エンジェルナンバー」って呼んでいる、ってことを、今回の記事をきっかけに初めて知りました。

f:id:wakuwakushincha:20211114112724j:image

 

で、51というナンバーの持つメッセージを調べてみると・・・。

そのメッセージはこちらです。

「ポジティブな思考で成功を信じ、変化の時を乗り越えよう」

このメッセージに対して、「今の僕」が感じたことを書きます。「今の僕」って書いたのは、また変わることも十分ありうる、って意です^^

『ポジティブな思考』って、日々の暮らしでの実践においては、「とにかく明るく明るく前向きに」ということよりも、不安に意識をフォーカスしない、自分の正しさを“握りしめない”、ように気をつけること、の結果として得られる「囚われのない状態」なんじゃないかなって気がします。

『成功を信じる』とは、必ずしも自分が今望んでいることそのものの実現でなくとも、「ものごとは、これもこれで良かったな♫、って結果には必ずなるもの」、ってぐらいの少し緩めの気持ちの持ち方でリラックスした上で、先の結果の心配をせず自分が今できることにちゃんと気持ちを向けて生きる、ってことなのかなって。

そんなプロセスの結果として、『ふと気づけば、変化を乗り越えている』、そんな感じなのかもしれないな、って思います。

 

「ポジティブな思考で成功を信じ、変化の時を乗り越えよう」

 

優しい勇気づけのいい数字をもらいました♫

 

f:id:wakuwakushincha:20211114145729j:image

 

エンジェルナンバー51。

今回の秋バラのメイン撮影地の植物公園の空には、この記事の冒頭に写真を載せた通り、“龍” が泳いでいましたので、『ドラゴンナンバー51』と命名してしまおうって思います(笑)

f:id:wakuwakushincha:20211114115039j:image

 

さて、11月ももう折り返しですね。早い。

深まる秋を感じながら、皆さまも僕も、穏やかな心で過ごせますように^^

秋の1分間 “優しい黄色” でチャージ♫

ご訪問くださりありがとうございます(╹◡╹)

今日の記事も、11月の月間コンセプト通り、「文章少なめで花の写真中心の構成でスルスルっと」で参ります♪ 小さめの記事になりますので、サラっとご覧いただけると幸いです^^

本日お世話になるのは『黄色』、黄色い花の代表格と言えば、僕の場合はやはりこれです!

f:id:wakuwakushincha:20211103153107j:image

 

ほんのりワクワクの“種”の色♫

以前、こんな記事を書きました(╹◡╹)

wakuwakushincha.jp

黄色の心理的な効果には、「明るく元気になる」が一番に挙がりますが、キツすぎると「不安になる」「警戒色」と言う側面が出てくるんですね。

ポジティブな効果を期待するなら「マイルドな黄色」「ポイント使い」がいいようなので、黄色一色ではないひまわりの花のポジティブ効果はきっと高い♫

 

ほど良い黄色で優しくチャージ!

これからアップさせていただくひまわりの写真は、ひまわり自体はどれも素敵なのですが、撮影した日のお天気のほとんどが「晴れ」ではないのです。。

スマホ上で写真に明るく補正をかけようかと迷いましたが、素人撮影写真に素人補正の掛け算によって損なわれてしまうものもありそうなので、もう余計なことはせずにありのままでご覧いただこうと思います(╹◡╹)

 

では、まず『白妙ひまわり』っていう“秋に咲くひまわり”を3カット、続けて、まだ記事にアップしていなかった今年の夏のひまわりを8カットほどアップいたします♪

f:id:wakuwakushincha:20211110205856j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181100j:image

f:id:wakuwakushincha:20211110205920j:image

 

f:id:wakuwakushincha:20211103181749j:image

f:id:wakuwakushincha:20211103181948j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181937j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181951j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181940j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181934j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181945j:image
f:id:wakuwakushincha:20211103181943j:image

 

なんか思いの外あっという間でした・・・ので、昨年のひまわりにも手伝ってもらうことにします♫

f:id:wakuwakushincha:20211110122939j:image

f:id:wakuwakushincha:20211110122945j:image

f:id:wakuwakushincha:20211110123006j:image

f:id:wakuwakushincha:20211110123114j:image
f:id:wakuwakushincha:20211110123108j:image
f:id:wakuwakushincha:20211110123111j:image

f:id:wakuwakushincha:20211110193900j:image

 

ひまわりの花って、「黄色だから」という以外に、どうしていつもポジティブな印象なんだろう?、って思ったのでちょっと考えてみました。

 

僕の場合のルーツは、小学校の頃の夏休みの、“特に何もなくともなんだかワクワクする”感覚にあるような気がします^^

ひまわりはやっぱり夏休みの象徴♫

 

今日の 記事の「秋なのにいきなりひまわり登場」ですが、実はこの数週間抱えている悩みごとでちょっと疲弊気味な僕の心が求めた “優しくも力強い元気づけ”かもしれないなって、今気づきました。

この “優しくも力強い元気づけ” が、僕だけでなく、この記事を読んで(見て)くださった皆さまにも、何かささやかにでもお役に立ちますように、って願うことにします^^

 

記事の最後は、無料写真素材サイトさんからいただいたこちらの写真で爽快感アップを図って結びとしたいと思います♫

f:id:wakuwakushincha:20211103204148j:image

本日も『秋の1分間リラクゼーション♫』

ご訪問くださりありがとうございます(╹◡╹)

本日の主役は、僕にしては珍しい大ぶりな花になります。好み的に大ぶりな花にはあまり近づかないんですけど^^;、今回出会ったこの花たちは、ちょっと近づいてみたら「大ぶりなのに精巧な美しさ✨」が強烈で、「うわー、こんな魅力的な花だったのかぁ」って感じだったのです。

その花の名前は『ダリア』

今日の記事ではそんなダリアの花の写真をスルスルスルっとご覧いただこうと思っています♫

f:id:wakuwakushincha:20211102213524j:image

 

本日の舞台のご紹介。

東京都調布市にある神代植物園』です。

f:id:wakuwakushincha:20211102214643j:image

この植物園には、大きなローズガーデンがあるので、この日はそれが目的の訪園だったのですが、ローズガーデンに向かう途中の道で、この看板に遭遇したんです。

f:id:wakuwakushincha:20211102215009j:image

「ちょっとだけ寄り道してみようか」のつもりだったのに、ふと気づけばスマホ片手に食いつきまくっていました(笑)

 

ダリアの息吹を♫

それでは参ります^^

f:id:wakuwakushincha:20211102224806j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102224853j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102224917j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102224934j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225012j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225030j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225046j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225127j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225140j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225201j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225212j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225240j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225256j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102233003j:image

f:id:wakuwakushincha:20211102225419j:image

花言葉。 

ダリアの花言葉は、「感謝」「あふれる喜び」「優雅」「気品」だそうです。他にネガティブな花言葉もあるようですが、今日の記事には不要なので割愛します(╹◡╹)

さらに色別にも花言葉があり、全体の花言葉と一部重複もありますけど、こんな感じだそうです。

  • 白:「豊かな愛情」「感謝」
  • 赤:「栄華」「華麗」
  • 黄:「栄華」「優美」

ちなみに、ピンクやオレンジには個別の花言葉はないとのこと。作っておけばいいのになぁ。。

 

見入ってしまう調和力。

この花を見てると、僕には、完全性からなる「調和」みたいなものが感じられます。もし誰かにコメントを求められたら、「いや、特に何も言うことは思いつかないんですけど、もうしばらくここで見ていてもいいですか?」って答えてしまう感じがします(笑) 

バランスが取れた力強いものを見ていると、心の雑念が消えて見入ってしまう感じになりますね。

 

本日11月6日は。

前章を書いているうちに気づいたのですが、1年前の今日=11月6日はこのブログの第1回投稿日でした!

すでに1周年記念の記事を書いてしまっていたことですっかり意識から飛んでいましたので、よく思い出せたなと^^;

せっかく思い出せたので、なんで今日の記事は『ダリア』になったんだろう?って考えてみることにしました。

 

うーーーん・・・・

 

 

f:id:wakuwakushincha:20211105222018j:image

 

ダリアの花が僕に最も感じさせてくれるもの。先ほど書いたようにそれは『調和』

調和とは、複数の存在を統合してひとつにするのでなく、各々の存在をありのまま認めて活かしあえている状態、だと思います。

僕が今強く関心を持っている『多様性』が活かし合われてバランスがとれている状態こそが『調和』

今日の記事がダリアになったのは、きっと、「多様性を尊重できる力をもっと高めて、他の人と調和しながら現実を創造できるようになりたい」という、僕の強い願いの表れかもしれないなって思います。

そういう意味性、運命性があるものとしてとらえておくことで、ささやかでも自分の気持ちを盛り上げていこうと思います(╹◡╹)

 

最後になりますが、今日の記事の結びのダリアはこちらで参ります♪  名前は『プリンセス・ダイアナ』さん、だそうです^^

 

f:id:wakuwakushincha:20211102224047j:image

秋の1分間リラクゼーション♫

ご訪問くださりありがとうございます(╹◡╹)

早11月ですねー。開花している花が減ってくるこの時期なので、あえて今月の記事は、文章少なめで花の写真を中心の構成にして、ご訪問くださった方にスルスルスルっと手早く見ていただく中で、僕の素人写真技術を補って余りある(と信じたい^^;)「花自体が持つ力」で少しでも心を緩めていただけるといいな♪、ってコンセプトで行ってみようって思っています♫

ということで、その第1弾として今日の記事は、『秋バラ🌹』で参ります!

f:id:wakuwakushincha:20211031202650j:image

 

2021年旧古河庭園のバラ

本日の舞台の紹介。

9つある都立庭園のひとつ、『旧古河庭園」に行ってきました♪

f:id:wakuwakushincha:20211031201859j:image

ここは、洋館エリアと日本庭園エリアで半々という感じの造りです。

f:id:wakuwakushincha:20211031201947j:image

ローズガーデンはもちろん洋館エリアです♫
f:id:wakuwakushincha:20211031201945j:image

秋バラの息吹♫

ということで、2021年旧古河庭園の秋バラ、ご覧いただけると幸いです^^

f:id:wakuwakushincha:20211031204306j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204355j:image
f:id:wakuwakushincha:20211031204359j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204453j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204532j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204617j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204647j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204724j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204819j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204848j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204921j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031204943j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031205027j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031205107j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031205144j:image

 

インビテーション✨ 

園内のガイドコーナーに、夜のバラと庭園の写真?が掲示されていました(╹◡╹)

f:id:wakuwakushincha:20211031205456j:image

f:id:wakuwakushincha:20211031205519j:image

20代の頃、結婚前の恋人時代だったら、絶好のデートプランにするだろうなぁ♪ って思います^^

しかし、今ここには「夜は結構冷えるんだろうな・・」って頭に浮かんでしまう自分がいます^^;

 

この秋、ローズガーデンにはあと2箇所行っていますので、その息吹は次回以降の記事でご覧いただこうと思っています♫

多様性って・・・なんだか有り難いですね(╹◡╹)

 

f:id:wakuwakushincha:20211031205647j:image

『幸運が舞い込む花』を訪ねて。

f:id:wakuwakushincha:20211028211928j:image

ご訪問いただきありがとうございます^^

10月上旬の話になりますが、東京都の都立庭園の中で最も西にある「殿ヶ谷戸庭園」の公式Twitterでこんな情報を見つけたんです。

f:id:wakuwakushincha:20211028212450j:image

『吉祥草(キチジョウソウ)』。

ユリ科の多年草で、「花が咲くと幸運が舞い込む」という言い伝えがあるのだそうです^^

なんだか神秘的な香りがして思いがけずワクワクしてきたので、僕はその週末にこの “幸運が舞い込む花” に探しに殿ヶ谷戸庭園に出かけたのでした。 

今日の記事は、この吉祥草を起点とする出来事と思いを綴りたいと思います ♪

f:id:wakuwakushincha:20211028213525j:image

探検当日。

「わーい、殿ヶ谷戸庭園だ!」 

f:id:wakuwakushincha:20211028214835j:image

池を見下ろすように建てられているお休み処の中央奥からの景観。

f:id:wakuwakushincha:20211028214706j:image

開放感満喫のために、まずはバックパックを下ろして。

f:id:wakuwakushincha:20211029122642j:image

そして座って足を投げ出してみる(笑)

f:id:wakuwakushincha:20211029122725j:image

 

「さぁ、幸運が舞い込む花を探すぞ♫」

『吉祥草』が咲いているエリアは・・・

f:id:wakuwakushincha:20211029133904j:image
f:id:wakuwakushincha:20211029133901j:image

「【カ】のエリアだね!」

 

咲いているはずのエリアに着いてもなかなか見つけることができずに一度歩いた道を引き返したりしましたが、「あーぁ、これだったのか!」って気づいてからは、「わー、結構たくさん咲いてるんだなー」って感じで、何枚も撮影しました♫

 

でも、、、

 

その時に撮った写真をこの記事に載せることは出来ないんです。。。

 

なぜなら、、、

 

全部なくなってしまったからです。

f:id:wakuwakushincha:20211029214539j:image

 

ですので、ここまでアップしてきた写真も、実は、別の日に撮影したものですm(._.)m

 

日曜日の事件簿。

その事件は、吉祥草を探しに行った1週間後の日曜日に起きました。

次女のiPhoneが、パスコード11回誤入力^^; によりロックがかかってしまい、初期化をする以外に復旧の術がない、という事態に陥ったんです。

この日、次女は外せない用事があって外出しなくてはいけなかったので、そのiPhone復旧僕が請け負うことになりました。

さて、ここからのご説明ですが、記憶が曖昧なため、「だいたいこんな感じだった」というザックリしたレベルで書かせていただくことをご容赦ください^^;

 

ロックがかかってしまっているiPhoneの初期化方法がよくわからなくてネットであれこれ調べた結果、次女のiPhonePCに接続して、iTunesを通じて初期化する方法をとることにしました。

かなり手間取りましたが、なんとか初期化が完了。

ふとPC上のiTunes画面を見ると「バックアップをダウンロードしますか?」とのメッセージが。

「あれ、次女のiCloudバックアップデータがここでダウンロードできるのか・・」と思った僕は、『ダウンロードする』ボタンをクリックしました。

 

そしてダウンロードがスタート。

 

結構長い時間がかかりましたが、それでもようやくダウンロード完了のお知らせ表示が。

PCとの接続を外した後、初期化した次女のiPhoneで初回セットアップを開始する僕。

 

無事にセットアップ完了。

やれやれと思いながら、次女のiPhoneに表示された画面を見た瞬間、僕の目は点になる。

 

「えーっ、どういうこと・・・」

 

次女のiPhoneは、なんと僕のiPhoneの画面と瓜二つになってしまっていたのでした。。。。

f:id:wakuwakushincha:20211029222900j:image

 

「何はともあれ、もう一度初期化しないと。。」

今度はPC接続しないで、次女のiPhone完結で初期化を試みる僕。

「日曜日がつぶれちゃうなぁ」とか思いながら、その日に気になっていた全く別のことに思いを巡らしつつ、再び初期化作業をスタート

 

その数秒後、僕の左手の中で初期化が始まったiPhoneの画面を見ながらふと頭に浮かんだ考え。

 

「このiPhone、僕のだったりなんてしないよね^^;」

 

そのiPhoneをサッと裏返してみると・・・

 

なんとそれは僕のiPhone(><)

 

心配して少し前から同じ部屋に来て様子を見守ってくれていた長女に、思わず僕はこの発声。

「うわー大変、どうしよう!!間違って自分のiPhoneの初期化を始めちゃったよ(><)」

それに対する長女の一言。

「そりゃ確かにかなりやばいわ^^;」

f:id:wakuwakushincha:20211029223233j:image

しかし、その後に続けて、長女の聡明な励まし。

「さっき、パパのiPhoneのデータが丸々ダウンロードされたってことは、初期化してしまったパパのiPhoneで同じ操作をやればまた同じようにダウンロードできるんじゃない?」

 

もはや日曜日がつぶれるとか言ってる場合でなくなった僕は、覚悟を決めてひとつずつ作業を開始。

手順としては、

  1. 初期化されてしまった僕のiPhoneをPC接続して、iTunesのバックアップデータを先ほどと同じ手順でダウンロード。
  2. 次女のiPhoneをスマホ完結で再度初期化。
  3. 初期化した次女のiPhoneに、スマホ完結の操作でiCloudバックアップデータをダウンロード。

昼前の11時頃から始めたこの復旧作業、一息つけたのは夕方の4時半でした。。。

 

その結果ですが・・・

なんと、僕のiPhoneも次女のiPhoneも、感覚としては95%方、データ復元に成功したのです!!

 

でも・・・

僕のiPhoneに保存されていた写真の内、直前の1週間半に撮ったものが消えてしまっていたのでした。

コスモスに吉祥草・・・(T_T)

f:id:wakuwakushincha:20211029231547j:image

諦めない。 

もう一度、殿ヶ谷戸庭園に行って、吉祥草の写真を撮ってくるぞ!って思いました。 

そして前回から1週間半ぶりの再訪。

f:id:wakuwakushincha:20211030011943j:image

入園口の手前には、「今が旬の草花」の紹介の掲示版がありました。

f:id:wakuwakushincha:20211030150640j:image 


「まだ咲いてる!」

 

入園すると僕は脇目も振らずに、目的の花の咲くエリアへ早足で。

f:id:wakuwakushincha:20211030205004j:image

f:id:wakuwakushincha:20211030162532j:image

1分足らずで開花エリアに到着。

f:id:wakuwakushincha:20211030162728j:image

f:id:wakuwakushincha:20211030205102j:image

この辺りからの道沿いの草と草の間に “つくし” みたいな感じで生えていて、初めてだと気づけずに素通りしてしまうぐらい控えめな咲き方なのです。

 

さて。

前回一度見ているのでもう素通りはしません。

この日に出会えた『吉祥草』の写真を数カット載せたいと思います。

f:id:wakuwakushincha:20211030204430j:image

f:id:wakuwakushincha:20211030204523j:image

f:id:wakuwakushincha:20211030204615j:image

f:id:wakuwakushincha:20211030204711j:image

f:id:wakuwakushincha:20211030205353j:image

1週間半前と比べて、なんとなくみずみずしさがありません。。。もう見頃過ぎ・・のような。

無料写真素材サイトからいただいた、おそらくは開花ピーク時の写真を1枚載せます。

f:id:wakuwakushincha:20211030205820j:image

いかがでしょうか?

もちろん僕の撮影スキルに負うものは大きいのですけど、でもやはり “みずみずしさ” が違う気がします。

 

庭園の池に向かって流れ落ちる湧水の音を聞きながら、独り言がこぼれました。

「もう見頃過ぎだったな・・・残念。。」

f:id:wakuwakushincha:20211030210750j:image

 

退園するとすぐに、入園時に見た「今が旬の草花」の掲示の横の展示が目に入りました。

f:id:wakuwakushincha:20211030210256j:image

園内のものよりは元気でみずみずしさがある感じがしたので2枚ほどパシャリ。

f:id:wakuwakushincha:20211030210258j:image
f:id:wakuwakushincha:20211030210301j:image

ちょっと手ブレしてますね・・m(._.)m

 

幸運は舞い込んでこなかった?

庭園からの帰り道にまず頭に浮かんできたこと。

「1週間半前に撮影した吉祥草の写真を全部消失してしまったことで、舞い込んでくるはずの幸運も引き返してしまったのかなぁ・・・」

 

いやいやいや、待て待て待て、と思い直す。

 

「先日のiPhone初期化事件。最終的には、僕のiPhoneも次女のiPhoneも、データはほぼ元通りになったよね?」

「僕は自分のiPhoneのデータをiCloudでバックアップをとっていない。それに、iTunesを通じてPCにデータがバックアップされる設定になっていることは全く認識してなかったから、初期化してしまった僕のiPhoneのデータは、本当はもう復旧する術なしの悲劇になるはずだったんだ。。。」

「それに、その2週間前に、ものすごく久しぶりに衝動買いしたCDの曲をダウンロードするために、これまた久しく立ち上げていなかったPCのiTunesにiPhoneを接続していたおかげでほとんどのデータが知らず知らずのうちにPCにバックアップされていた。」

さらに・・・

今回のiPhoneの初期化作業は、失敗すれば “一大事” になることが明白な、極めて慎重を要する行為だったというのに、他のことに気を取られながらの不注意により招いてしまった大失態

「次にまた似たような注意散漫で何かやらかしてしまった時は、今度はたぶんもう取り返しのつかないような一大事になってしまうのかもしれない・・」

「今回のことはきっと、そうならないように充分気をつけた方がいいぞ、という、“優しい警告” だったのかも。」

 

そんなふうに思いが巡るうちに、心の中で何かがひっくり返りました。

 

「ちゃんとすごい幸運が舞い込んでいたのかも・・・」

 

f:id:wakuwakushincha:20211030221550j:image

2021年、コスモスと秋桜。

f:id:wakuwakushincha:20211024194330j:image

ご訪問してくださりありがとうございます(╹◡╹)

 

今年のコスモスの開花については、1週間ほど前に、国営昭和記念公園のホームページにもこんなご案内が掲示されていました。

f:id:wakuwakushincha:20211024190406j:image

2021年のコスモスももうそろそろフィナーレなんですね。

今日の記事では、今年のコスモスを訪ねた散歩で撮影した、“お気に入りの写真” をアップさせていただいた上で、心に浮かんできた思いを綴りたいと思います ♪

今年のコスモスの印象。

ピンク色の花を中心にお馴染みの『センセーション』という種は、花自体は元気に咲いていたものの、台風もどきの強風の影響が大きかったようで、倒れてしまっているものも多かった印象でした。

そんな中で力強い安定感だったのが、黄色の『キバナコスモス』でした(╹◡╹)

協演作品。 

実は、計3回ほど公園へ散歩に行って撮影したコスモスの写真のうち2回分を、僕自身の “あまりに不注意なアクシデント” により消失してしまっています。そのため、本日アップさせていただく写真は、冒頭で「今年撮影した写真」と書きましたが、実は「昨年撮影した写真」との “協演作品” になりますこと、あらかじめ正直にカミングアウトいたしますm(._.)m

では参ります♪

f:id:wakuwakushincha:20211024212136j:image
f:id:wakuwakushincha:20211024212134j:image

f:id:wakuwakushincha:20211026205623j:image
f:id:wakuwakushincha:20211024212228j:image

f:id:wakuwakushincha:20211024212418j:image
f:id:wakuwakushincha:20211024212415j:image
f:id:wakuwakushincha:20211024213802j:image

f:id:wakuwakushincha:20211024213826j:image

f:id:wakuwakushincha:20211024213902j:image

f:id:wakuwakushincha:20211024213934j:image

f:id:wakuwakushincha:20211024214019j:image
f:id:wakuwakushincha:20211024214021j:image

f:id:wakuwakushincha:20211026205449j:image

『コスモス』で心に浮かぶのは。

僕の場合、山口百恵さん、なのです^^; 

なぜ、コスモスで百恵さんなのかと言えば、その百恵さんが『秋桜』という曲を歌っていたからだと思います。

ブログを始めて何回目かの記事に書いた記憶がありますが、僕が確か小学校3年生の時が百恵さん(当時はもちろん「百恵ちゃん」)が芸能界デビューした年で、その年に僕の街の駅前の夏祭りに来てやぐらの上でデビュー曲を歌ってくれました。

そう、のど自慢大会?の頭か途中に、確かこんなやぐら(のもう少し簡易なやつ)の上で歌ってくれました。

f:id:wakuwakushincha:20211024223720j:image

とても部分的な記憶だけれど、それまでにテレビで何度か観たことのあるアイドルを直接見られたことで、僕はとってもワクワクしていたと思います♫

それを見て以来、百恵さんは引退するまでずっと憧れの女性アイドルでした ♪

『秋桜』

僕と同世代以上の方ならこの曲を知らない方はいらっしゃらないのではないかと思いますが、動画をアップされているYouTuberさんにお借りしてご紹介します。

秋桜 # 山口百恵(CD音源) - YouTube

さだまさしさんが作ったこの曲。当時の僕はまだ子供すぎて、実は「生真面目すぎてちょっとつまらないよ、百恵ちゃん」って思ってしまっていました^^;

しかし、今あらためて聴いてみると、これから先もずっと歌い継がれていくに足る “昭和の名曲” だったんだなぁ・・ってわかります。

ただ・・・実は、僕にはこの『秋桜』の曲のイメージは「和」な感じがかなり強くて、今、実物のコスモスを見ても、この『秋桜』の曲のイメージにつながらないんですよね・・・^^;

子供の頃は団地育ち、今はマンション住まいの僕には、「縁側」と「コスモス」がイメージ的に結びつかない、のでしょうか?!

それでも百恵さんなのは。

コスモスの花たちを観ている時に、僕の頭の中に流れてくるのは百恵さんのこちらの曲なんです^^

おそらくはアルバム収録の曲なのですが、百恵さんの曲の中で僕が一番好きな曲です(╹◡╹)

山口百恵 哀愁のコニー・アイランド - YouTube

曲の一番だけ歌詞も引用します♪

哀愁のコニーアイランド

歌:山口百恵

作詞:森雪之丞 作曲:大瀧詠一

潮風に
錆びた観覧車
夕焼けが やさしく染める
昔パパとはぐれた この場所で
不思議ね 今でもまだ私は迷子
Lu Lu Lu …
“You will lose your love”
今度も ジルの占い
きのうのことしか あたらない
あの人ったら やさしいの
私を起こさず出ていったわ
まるで そよ風みたいに
Lu Lu Lu …

きっと大瀧詠一さんが作曲だからでしょう、歌謡曲というよりもシティポップな曲調で、今聴いても全く古さを感じない素敵な曲だなぁ♪ ってあらためて思います^^

 

「でも歌詞がコスモスと関係ないよねぇ、、、」

 

はい、、この曲の舞台はコスモスガーデンではなく米国の遊園地ですし、失恋の歌だし、全くコスモスと関係ないんですけど・・・^^;、 

なんていうか・・・メロディー、雰囲気ですね。

コスモス“そよ風”に静かに吹かれながら咲きほこる秋の光景にとてもマッチしているように感じるんです♫

f:id:wakuwakushincha:20211025214501j:image

 

やっぱり『秋桜』のことも。

百恵さんからのインスピレーションで記事を書くことも今後なかなかないだろうって思うので、『秋桜』に戻って、この曲から今の僕が強く感じることを、今日の記事の最後として書きたいと思います。

まず、曲の歌詞を一番だけ引用しますね。

淡紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている
此頃涙脆くなった母が
庭先でひとつ咳をする

縁側でアルバムを開いては
私の幼い日の思い出を
何度も同じ話くり返す
独言みたいに小さな声で

こんな小春日和の穏やかな日は
あなたの優しさが 浸みて来る
明日嫁ぐ私に 苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと 笑った

このお母さんの気持ちに感情移入してしまいます。

この頃、「嫁ぐ」とは「苦労」があることが当たり前の時代だったんですね。その苦労の中で大きかったのは、きっとお姑さんとの関係だったんじゃないのかな・・・って気がします。

『○○家』という概念。家の大小に関係なく『○○家』。これ自体は、命をつないできてくれた先祖への感謝、という意味で、日本人らしい素敵な部分でもあるのでしょう。

ただ、○○家の『嫁』、となってくると・・・。

 

ここから書くことは思い切り僕の主観であり、あくまで僕が信じる正しさであることをお断りした上で・・・

『○○家の嫁』という言葉には、“家の常識”という “暗黙の了解” を使って意の通りに従わせたい、従ってもらいたい、というニュアンスを含んでいるように感じてしまうんです。「多様性」から最も遠ざかってしまうような感じがします。

僕は、『“常識”という名の幻想』が人の『心』より上位になるような概念が好きではありません。

僕は僕の妻に対して、「こんなへなちょこな僕と結婚してくれて、そして今に至るまでずっとそばにいてくれて本当にありがとう」っていう深い感謝の思いがあります。そんな僕にとっては『家の“常識”とか“べき論”』なんかよりも彼女の『心』の方がずっとずっと大切です。

2人の娘の父親でもある僕は、かつては結婚に伴う“常識”とされていた類の苦労などしなくてもよい、何より心を大切にしてくれる人たちとのご縁が彼女たちにありますように、という思いが、彼女たちの成長を見守る日々を重ねる中で少しずつ増してきています。

 

多様性の時代、正解がひとつではない時代は、きっと心の時代。過去から現在に至る「見えないものへの感謝」は忘れることなく、お互いの正しさを尊重し合いながら、みんなが笑顔で幸せを共創できる、そんな時代が来ると嬉しいなぁ、って思っています^^

 

f:id:wakuwakushincha:20211026202035j:image