HSP気質な僕のほんのりワクワクblog

ほんのりワクワクがたくさんの毎日を♪

『父 性』〜 僕が“やり残している”こと。

こんにちは。

今日の記事は、僕にとっては、とても大切な内容なのですが、それゆえ、あまり文章過多にならず簡潔に書けるように心したいと思います。

 

『父性』とは?

ふとそんな言葉が頭に浮かび、ネット検索してみました。

目に留まったのがこちらの記事です。

 

柔らかい言葉を使って優しく書いてくださっているので、スルスルっと読むことができました。

父性は、「家庭におけるパパの役割のこと」と定義されています。

上掲の記事で書かれているキーワードを抜粋して引用させていただきます。

子育てにおける父親の役割

①頼りになる姿を見せる

②行動する

③社会のルールを教える

④ママの時間を作る

親子の関わりで気をつけること

①行動で示す

②子どもの叱り方

③スキンシップ

僕がやり残していると感じている事柄は、上記の中の赤字の項目に関係しています。

 

この約18年でやり残していること。

僕の総合評価は、幸いなことに、「試行錯誤しながらも、自分としては悔いのないようにやってこれたと思う。」です。

幸せな家族時間を一緒に創造し共有してくれた妻、娘たちには、「僕とご縁を持ってくれてありがとう」って言う思いが日々湧いている今日この頃でもあります。

しかし、いや、だからこそ、僕は、「父親としてやり残していることがある」ってことに気づき、それが今とても気になっていて、そして、そのやり残しに対して、今からできる行動をしたいという強い思いが湧いています。

 

僕が、娘たちにしっかり伝えたいのに、まだそれをちゃんと「行動を通じて」伝えられていないと思っていること。

 

それは、僕がこれまでの人生を通じて学んだ、社会のルール、というより、言うなれば、 “人生のゴールデンルール”と信じている、次のことです。

 

  • 夢、願い、目標。それが実現できるかどうかは、頭の良さや要領の良さをもって決まるものでない。
  • まずは、『目指すゴール』に対する、今の自分の現状をしっかり把握、認識すること。
  • その上で、その 『ゴール』を達成するための、自分に最適なやり方を考え、それをスケジュール化すること。世の中の“ふつう”や誰かと比べることなく、自分に最適な “戦略” “作戦” を持つこと。
  • 達成イメージを高めたら、後はそれをやるだけ!

 

望む願いの実現は、才能や資質よりも自分の “思い方と行動” 次第、であるということを、愛する娘たちへ、行動と結果を通じての  “父としての背中で”  伝えるためのチャレンジをしようと思っています。

 

f:id:wakuwakushincha:20210225111754j:image